タイ・チェンマイに「CGM48」誕生へ 海外では8グループ目

[ 2019年6月3日 12:12 ]

AKB48第10回選抜総選挙で39位に選出されたBNK48チャープラン
Photo By スポニチ

 タイ第2の都市チェンマイにアイドルグループ「CGM48」が誕生する。バンコクを拠点にするBNK48が現地時間2日、ファン感謝イベントで発表した。

 関係者によると、海外の48グループで同一国に2グループ目が立ち上がるのは初めて。チェンマイを拠点にした理由について「タイ第2の都市ということが最も大きかった」と説明とした上で「実は若年層が多い。若いメンバーとともに一緒に夢を追い掛けていってほしいという思いも背景にある」としている。「北方のバラ」と称されるチェンマイは古刹が多く点在する緑豊かな都市として日本からも毎年多くの観光客が訪れている。

 CGMはチェンマイのローマ字表記「Chiang Mai」に由来。BNKと同じ「BNK48オフィス」が運営する。

 妹分誕生を受けてBNKキャプテンのチャープラン(23)は「大変うれしい。CGMが今後どのようようなグループになるかとても楽しみ」と大きな期待を寄せた。

 海外ではCGMが8グループ目。タイにBNKとCGM、インドネシアにJKT(ジャカルタ)、フィリピンにMNL(マニラ)、中国にAKB48チームSH(上海)、台湾にAKB48チームTP(台北)、ベトナムにSGO(ホーチミン=旧称サイゴンの略)、インドにMUM(ムンバイ)と7カ国・地域に進出している

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月3日のニュース