竜雷太、ショーケン悼む「想定外の魅力持った規格外のスター」「太陽にほえろ」で共演

[ 2019年3月29日 16:01 ]

俳優の竜雷太
Photo By スポニチ

 俳優の竜雷太(79)が29日、GIST(消化管間質腫瘍)のため26日に死去した俳優の萩原健一さん(68)に、所属事務所を通じて追悼のコメントを発表した。

 竜は1972年のドラマ「太陽にほえろ!」で、ゴリさんこと石塚誠刑事役で出演。マカロニこと早見淳刑事役の萩原さんと共演していた。初めて萩原さんと会ったときの印象を「我々が経験してきた“俳優”ではなく、江戸の人が異人さんに会ったよう」と振り返り「不思議な想定外の魅力を持った規格外の“スター”でした」と故人を悼んだ。

 竜のコメント全文は以下の通り。

勿論“太陽にほえろ!”でのことですが、初めて会ったとき、仕事を始めたとき、私の印象は我々が経験してきた“俳優”ではなく、まるで江戸の人が異人さんに会ったようでした。

不思議な想定外の魅力を持った規格外の“スター”でした。

もし、もう一度会えるなら、あの頃、ショーケンは何を思っていたのか、聞いてみたいと思っているのですが……。

どうぞ安らかにお休みください。

3月29日 竜雷太

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年3月29日のニュース