NGT48、暴行事件で第三者委員会設置を発表 調査期間は1カ月半メド…委員の独立性を強調

[ 2019年2月1日 12:02 ]

AKBグループ「リクエストアワー」で歌い踊るNGT48
Photo By スポニチ

 NGT48は1日、公式サイトでメンバーの山口真帆(23)が男2人に暴行被害を受けた事件を調査する第三者委員会を設置したことを発表した。

 同グループを運営する株式会社AKSによれば、同委員会は「事件に関連する事実関係の調査及び原因の究明(直接的な原因のみならず、背景となる要因等を含む)を行う」といい、調査期間は「1カ月半を目途」としている。

 委員長に岩崎晃弁護士、委員に木内雅也、高山梢両弁護士が選出され、同社は「各委員は当社との利害関係を有しておらず、本委員会の独立性を阻害する要因はありません」と強調。「当社は、第三者委員会の調査に対して全面的に協力してまいります。本件調査等の終了後、速やかに、第三者委員会から当社取締役会へ報告を受けることになっており、当社から改めて皆様へご報告させていただく予定です。NGT48を真に社会に受け入れられるアイドルグループにすることを目指し、第三者委員会の報告をふまえ、改善策を講じることに努めて参ります」とした。

 山口が昨年12月ファンの男2人から暴行被害を受けた事件をめぐる一連の騒動で、同グループの当時の劇場支配人・今村悦朗氏が異動。新支配人に早川麻衣子氏、新副支配人に岡田剛氏が就任し、新体制で再スタートを切っている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年2月1日のニュース