霜降り明星 母校の就活決起大会でエール 「上沼さんみたいな面接官」いても「乗り越えな」

[ 2019年1月12日 15:32 ]

近大の就職活動決起大会に参加した(右から)清水由洋理事長、登「霜降り明星」のせいやと粗品、細井美彦学長
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「霜降り明星」が12日、近畿大の就職活動決起大会に登場し、出席した3年生約1200人にエールを送った。

 同大出身のせいや(26)は、「4年前までここの学生でした。仕事で帰って来られるのはうれしい」と誇らしげ。「僕は3年のとき芸人の仕事をしてたから、就活はしてない」と明かしたが、「芸人も毎日オーディションで、就活してるみたいなもの。就活に大事なことは芸人に通じる。自己アピールすること。目立つヤツや受かる」と語った。

 学生からは「M―1決勝の上沼恵美子さんの採点についてどう思いますか」とまさかの質問が飛び、粗品(26)は「ゲラウト!(GET OUT、出て行け)」と一蹴し、笑いを誘った。だが、「(就活では)上沼さんみたいな面接官もいるでしょ?」となんとかテーマにつなげると、せいやも「いますよ!“好みじゃない!”って言われても、それも乗り越えなダメですからね」と続いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月12日のニュース