バナナマン 紅白サプライズ登場も…実は冷や汗「リトグリのバックの方全員と」

[ 2019年1月12日 16:51 ]

バナナマンの設楽統(左)と日村勇紀
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統(45)と日村勇紀(46)が11日深夜放送のTBSラジオ「バナナマンのバナナムーンGOLD」(金曜深夜1・00)に出演。昨年大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」にサプライズ登場した際の、直前のドタバタ劇について明かした。

 紅白では、交流の深いアイドルグループ「乃木坂46」の歌唱後にサプライズ登場し、メンバーを驚かせたバナナマン。設楽は、周囲に対し、仕事納めが「(昨年)12月28日」と答えるなど、紅白出演がばれないように徹底していたという。

 日村も本番当日は、「車を普段停めたこともないようなところ」に駐車したり、出演者と入り時間をずらすなどしていたが、「結構危なかった。ばれそうだったのよね。100人ぐらい、リトグリのバックにいた方全員と…」と告白。実は、出番前の「Little Glee Monster」のバックダンサーたちとすれ違ってしまったのだとか。

 結局、サプライズは成功したものの、設楽は「それ最悪だよ。そこで誰かがツイッターとかで言っちゃったら、ワーッとなっちゃう」。日村も「それで拡散されたら終わりだったから」と、冷や汗ものだった当日のドタバタぶりを振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月12日のニュース