「万引き家族」、米ゴールデン・グローブ賞にノミネート

[ 2018年12月7日 05:30 ]

「万引き家族」(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
Photo By 提供写真

 米アカデミー賞の前哨戦となる第76回ゴールデン・グローブ賞の候補が6日に発表され、外国語映画賞に是枝裕和監督(56)の「万引き家族」がノミネートされた。日本の実写映画の候補入りは第48回の「夢」以来、28年ぶり。

 「万引き家族」は犯罪でしかつながることができなかった家族を描いた作品。今年の第71回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールを受賞している。アニメ映画賞の候補には「未来のミライ」(監督細田守)が選ばれた。来年1月6日(現地時間)に授賞式が行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年12月7日のニュース