“ヤバ妻”怪演の木村佳乃 今度は遺産狙う後妻業の女 敵対・木村多江とビンタ合戦も

[ 2018年11月19日 06:00 ]

後妻を演じる木村佳乃
Photo By 提供写真

 女優の木村佳乃(42)が来年1月22日スタートのフジテレビ系ドラマ「後妻業」(火曜後9・00)に主演することになった。

 2016年に大竹しのぶ(61)主演で「後妻業の女」として映画化された小説の連ドラ化。木村が演じるのは、資産家の高齢者を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺をする後妻業の中でも、とりわけ男性をたぶらかすのがうまいエース。大阪が舞台になることから関西弁で演じる。

 木村は16年4月期に主演した「僕のヤバイ妻」では、夫に壮絶な復讐(ふくしゅう)をする“ヤバイ妻”を怪演。これに続く悪女のオファーに「これは大変だぞ!と思いました。どんなことになるか今はまだ想像もつきませんが、とにかく楽しみです」と意気込んでいる。

 共演陣も豪華だ。木村に後妻のターゲットとされた男性の娘を演じるのは木村多江(47)。父親の遺産を奪われるのを阻止するため、主人公と壮絶な舌戦やビンタ合戦を繰り広げる。

 後妻業の元締は高橋克典(53)。木村多江の調査依頼を受け、後妻ビジネスの秘密に迫っていく私立探偵役には伊原剛志(55)が決まった。欲や思惑がうごめくサスペンスだが、4人の男女が複雑に絡み合っていく大人のラブストーリーにも注目だ。

 悪女役だけでなく、バラエティー番組で芸人顔負けの体当たりロケに挑むなど、正統派女優のイメージを脱し人気を広げている木村。「見てくださる皆さんの期待を、いい意味で裏切っていきたいと思っています」と燃えている。

 ≪映画では大竹VS尾野≫○…映画「後妻業の女」(16年8月公開)で主人公の大竹しのぶと壮絶なバトルを繰り広げたのは尾野真千子(37)だった。後妻のターゲットにされたのは津川雅彦さん(8月死去、享年78)。後妻を裏で操る元締を豊川悦司(56)、探偵を永瀬正敏(52)がそれぞれ演じた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月19日のニュース