小倉智昭氏 三田佳子次男保釈で憤慨「38歳にもなって…このバカ息子」

[ 2018年10月10日 11:57 ]

小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(71)が10日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)に出演し、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で東京地検に起訴され、9日に保釈された女優三田佳子(77)の次男高橋祐也被告(38)について語った。

 小倉氏は「最近は三田さんのことが気の毒に思える」と気遣い、高橋被告には「38歳にもなってこのバカ息子がことをしでかすたびにに三田さんが引っ張り出される。これまでどれだけ三田さんが努力をして今の女優の座を築いたのか、息子は分かってるんだろうか。ひどいと思う」と厳しい口調で非難した。

 高橋被告は覚醒剤を巡り逮捕されるのが今回で4回目。三田の親としての責任も問われる中、小倉氏は「1回目の逮捕が18歳で、2回目が20歳でしょ?その辺は保護者としての責任は問われるかもしれないけど、その後どこまで親が責任を取らなければいけないのか。バカな子ほど可愛いっていうし、親は大変」と話した。

 また、家族の協力や、覚せい剤と縁が切れている根拠を示せば、執行猶予が付く可能性もあるという番組の見解については「執行猶予にすべきではない。その方が本人の為にもなる」と指摘していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月10日のニュース