川崎麻世、カイヤとの離婚訴訟起こしていた 90年に結婚、その後は別居婚続く

[ 2018年10月10日 19:29 ]

川崎麻世(右)とカイヤ
Photo By スポニチ

 俳優の川崎麻世(55)が妻でタレントのカイヤ(56)に対して離婚訴訟を起こしたことが10日、分かった。川崎の所属事務所が明らかにした。

 所属事務所関係者によると、川崎本人からこの日連絡があり、離婚裁判を起こしたと告げられたという。訴訟を起こした報告は受けたが、詳細については「代理人の弁護士に任せているので何も話せない」としている。

 2人は1987年に出会い、交際をスタート。89年にカイヤが長女を出産し、90年に結婚したが、双方に異性関係をめぐる報道が相次ぎ10年近く別居婚が続いている。

 17年5月に行った歌手デビュー40周年記念シングルの発売記念ライブの場では「結婚28年で、別居は14年。半分かあ」といい、別居は続いているものの「毎日やり取りはしていますよ。以前よりケンカはしなくなったし、この前の(カイヤの)誕生日にも家族で寿司を食べに行きました。こういうスタイルもあるのかなあという感じです」と関係は良好であることを強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月10日のニュース