中村吉右衛門「秀山祭」に意気込み「初代の魂世界にお見せしたい」

[ 2018年8月11日 05:30 ]

今年で11回目となる「秀山祭」に出演する中村吉右衛門
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門(74)が9月2日から東京・歌舞伎座で「秀山祭九月大歌舞伎」に出演する。初代中村吉右衛門の功績を称えた「秀山祭」は今年で11回目。昼の部「河内山」、夜の部「俊寛」の2演目に登場する。「“俊寛”は初代の魂がこもっている作品ですので、これを機にスポンサーが出てくださるなら、ヨーロッパに持っていきたい。世界に歌舞伎をお見せしたい」と語った。

 昼の部「金閣寺」では、2013年11月に脳出血のため舞台降板し、リハビリを続けていた中村福助(57)が4年10カ月ぶりに復帰。「成駒屋さん(福助)には親近感を持っておりますので、ご縁があったということで私にとって誠な慶事です」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年8月11日のニュース