オスカー「男劇団 青山表参道X」旗揚げ公演初日 リーダー栗山航「ワクワク止まらない」

[ 2018年6月14日 18:30 ]

「男劇団 青山表参道X」旗揚げ公演初日を迎え、記念撮影する(前列左から)水江建太、小沼将太、西銘駿、塩野瑛久、栗山航、飯島寛騎、定本楓馬、宇野結也、仲田博喜、村上由歩(中列左から)守谷駿、沖津海友、山本学、中村嘉惟人、岡宮来夢、辻憲斗、湯本健一(後列左から)佐々木駿、西脇大河、依田啓嗣、春口尚人、沢柳健、土居秀士(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演「SHIRO TORA〜beyond the time〜」が14日、東京・渋谷のアイア2.5シアターで初日を迎えた。

 大手芸能事務所「オスカープロモーション」所属の若手俳優らで昨年11月に結成。待望の旗揚げ公演で、リーダーの栗山航(27)は「ワクワクが止まらない」と笑顔。副リーダーの塩野瑛久(23)は「どんどん大きな劇場で公演できる劇団になれれば」と意気込みを語った。

 現代にタイムスリップした白虎隊が廃部寸前の高校演劇部を救う内容。初舞台で主演を務める飯島寛騎(21)は「殺陣、ダンス、歌ありで盛りだくさん」とPRした。

 この日はサッカーW杯も開幕。西銘駿(20)は日本代表に「初戦のコロンビアは強敵だけど、立ち向かう雄姿を見たい」とエール。注目する選手にはパラグアイ戦で2得点したMF乾貴士(30)を挙げ「凄く順調。いいストライカーだなと思います」と期待を寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年6月14日のニュース