中田カウス「回を増す度に僕たちも勉強せなあかんなあと」6回目の「THE舶来寄席」最終リハ

[ 2018年6月14日 23:10 ]

「THE舶来寄席2018」の最終リハーサルに出席した(左から2人目)中田ボタン(同3人目)中田カウスと海外のパフォーマーや吉本新喜劇メンバーら
Photo By スポニチ

 日本の笑いと世界の一流パフォーマーが一堂に会する「THE舶来寄席2018」(15〜24日)の最終リハーサルが14日、大阪・なんばグランド花月で報道陣に公開された。

 14年に始まった公演も今回で6回目。名誉支配人を務める「中田カウス・ボタン」の中田カウス(68)は「回を増す度に僕たちも勉強せなあかんなあと思いますね」と海外でも有名なメンバーの芸に感嘆しきり。

 一方、吉本新喜劇座長の川畑泰史(50)は出演する外国人女性パフォーマーの美しさに感激。カウスの「新喜劇におったら何を見てもきれいに見える」に「その通りでございます」と答え、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年6月14日のニュース