尾上右近「少ない恋愛経験を生かす」 自主公演「研の會」で抱負

[ 2018年6月14日 05:30 ]

自主公演「第四回 研の會」の会見を行った尾上右近
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の尾上右近(26)が13日、自主公演「研の會」(8月26、27日、東京・国立劇場小劇場)の会見を都内で行った。

 上演する「恋飛脚大和往来 封印切」「二人椀久」はどちらも男性の悲恋を描いたもので「自分の少ない恋愛経験を生かしていきたい」と笑顔で抱負。7月6日からは主演舞台「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」で初めて現代劇に挑戦する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年6月14日のニュース