永野芽郁「半分、青い。」は“学びの場” 視聴者に呼び掛け「親、友達の気持ちで見守って」

[ 2018年4月1日 13:30 ]

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを務める永野芽郁
Photo By スポニチ

 4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)のヒロイン・永野芽郁(18)がスポニチ本紙のインタビューに応じた。俳優の佐藤健(29)や女優の松雪泰子(45)ら豪華共演陣と撮影する朝ドラを「学びの場」と表現。全国の視聴者に「親の気持ち、友達の気持ちで見守ってほしい」と呼び掛けた。

 「半分、青い。」は女優・永野芽郁の新たなスタート地点だ。

 「私が初めて見せる表情が出てくると思います。鈴愛(すずめ=ヒロイン)は喜怒哀楽がはっきりしているので、表情の変化が分かりやすい。笑うシーンも多いけど、泣くシーンも多いんですよ」と愛くるしくほほ笑む。

 これまでドラマ、映画で主演した経験があるが、朝ドラは別物。10カ月にも及ぶ撮影期間の長さだけではなく、撮影自体にも違いがある。

 「カメラの数が多いんですよ。今までのドラマ、映画はワンシーンを何回かカットして演じていたんですけど、カメラが5、6台あるので、ワンシーンの撮影が1回で終わったりする。集中力が必要で、緊張感が強いんです。でも、今は慣れて、長ぜりふも1回で言えるようになりました」と成長を訴える。

 幼なじみ役の佐藤健や母親役の松雪泰子ら共演陣も自身の成長を促進させている。

 「先輩方がいっぱいいるので、学ぶことが多いです。“学びの場”という感じ。みんな、人としても俳優としても素敵です。この撮影が終わると、どんな作品にも、いい意味でリラックスして臨めるようになっている気がします」と話す。

 朝ドラは国民的番組で、視聴者の注目度も高い。

 「私というか、鈴愛という1人の女の子が成長していく姿を見ていただきたい。年上の方々は親のような気持ち、同世代の方々は友達のような気持ちで見守っていただけるとありがたいです」と瞳をきらきらさせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月1日のニュース