PR:

豊原功補 小泉も家族も選べない…不倫釈明会見で“答え”出せず

会見を終え頭を下げる豊原功補
Photo By スポニチ

 妻子がいながら女優小泉今日子(52)と不倫交際していることを公表した俳優豊原功補(52)が3日、都内で会見した。3年前に小泉と交際を始めたため、家族と別居したと明言。離婚協議はしておらず、今後の方向性については、はっきりさせなかった。

 黒ずくめの服装で椅子にドカッと座り、集まった約100人の報道陣を見回して「すげぇな」とひと言。「別居のきっかけは小泉さんとの交際?」と聞かれ「そういうことになります」とキッパリ。小泉に「恋愛感情を持っている」と話し、家族につらい思いをさせていることには「自責の念は尽きない」と自らを責めた。

 不倫相手の小泉が公表する形で始まった告白劇。最も注目されているのは、なぜ公表したかだ。疑問視する質問には「私自身もそう思ったりします」と答え、妻子を傷つけてしまうことも「当然考えました」と明かした。

 公表の是非についても「いくら考えても答えは出ない。禅問答みたいなもので向き合っていくしかない」と明確な答えはない。豊原の中に“どうしたらいいのか分からない”という思いがうかがえた。

 そんな思いでいるのは、告白劇を主導したのが小泉だからだ。公表の契機も、小泉の所属事務所からの独立だった。「あの方(小泉)は打算的なことができるタイプではない。今回のことも熟考に熟考を重ね、考えて悩んだ末に行き着いた」と説明。「女房に対しての宣戦布告とか言われる。なんでそういう怖い言葉が出るんだろうと思うんですが、そういったつもりはない」と首をかしげた。

 ただ家族への思いは複雑だ。「言葉で形容できない独特の思いみたいなものが体に宿ってしまうもの」と表現した。「しっかりした人間で、身長は僕(1メートル79)ぐらい」だという成人前の息子には公表することを伝えたが、11歳年下の妻には「伝えているつもり」と曖昧な説明。妻の反応については「お答えできない」と言葉を濁した。

 前日2日に「罪は背負う」と話した小泉は、どういった形で責任を取るのかは話していない。豊原は「小泉と奥さんは話しているのか」という質問には答えず会場から立ち去った。

[ 2018年2月4日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:05月26日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル