安藤サクラ、育児中も役者一族のエールで決意 夫の柄本佑も「やったら」

[ 2018年1月31日 18:18 ]

2018年後期のNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインに決まり、発表会見で涙ぐむ安藤サクラ
Photo By スポニチ

 NHKの2018年度後期連続テレビ小説「まんぷく」(10月1日スタート、月〜土曜前8・00)のヒロインが女優・安藤サクラ(31)に決まり、31日に渋谷の同局で発表会見が行われた。

 インスタントラーメンの生みの親として知られる日清食品創業者の故安藤百福さん夫婦の物語で、安藤が演じるのは妻の故仁子(まさこ)さんをモデルにした立花福子役。オーディションではなく、キャスティングで決定した。

 昨年6月に初子となる長女を出産したばかりで、安藤は10月にオファーを受けたとき「悔しかった」という。「これから長い間休んで、とにかく子供のために過ごそうと思っていました。朝ドラは憧れでしたし、ちょうどオファーを受けた日が『わろてんか』の初回放送でした。“朝ドラの世界とはご縁がなかったなあ”と思いながら見ていたら、その晩にヒロインのお話が。最初はやれるとは思えなかったし、子供がいるのでお受けできるとは思えなかった」と複雑な胸中を告白した。

 悩む安藤の背中を押したのは役者一族のエールだった。夫の俳優・柄本佑(30)からは「やったら」と励まされ、父・俳優の奥田瑛二(67)や、3人の子供を育てた義母の女優・角替和枝(63)らからも激励された。

 また、出演を決めた決め手となったのがドラマ制作班ら現場スタッフの温かい雰囲気だったという。「まんぷくのスタッフさんとお会いしたときに、本当に温かく迎えてくれた。娘も温かく迎えてくれて“娘さんにもスペシャルな体験にしましょう”と声を掛けてもらった。この作品に飛び込んでみようと思いました」と語った。

 撮影は愛娘が1歳を迎える前の5月初旬から、来年2月までの予定。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年1月31日のニュース