さや姉、ソロ新曲が初のドラマ主題歌!福原遥&柳美稀W主演「ふたりモノローグ」

[ 2017年10月2日 16:51 ]

NMB48山本彩
Photo By 提供写真

 NMB48山本彩(23)がソロ活動で発表する新曲「Let’s go crazy」が10月9日スタートのインターネットテレビ局AbemaTVドラマ「ふたりモノローグ」(月曜後10・30)の主題歌に起用されたことが2日、明らかになった。山本がソロでドラマ主題歌を担当するのは今作が初。ドラマには体育教師役で出演することも分かった。

 Cygamesの漫画アプリ「サイコミ」で連載中の人気作を実写化。女優の福原遥(19)と柳美稀(20)がダブル主演を務める。ある日の授業中、ネクラのJK・麻積村(おみむら)ひなたは、隣に座るギャル・御厨(みくりや)みかげが10年前の友人だと気づく。互いに“また友達になりたい”と思いながらもすれ違う日々を、ギャグと女同士の友情を交えてコミカルに描く、新感覚の学園ドラマ。ひなたを福原が、みかげを柳が演じる。

 主題歌に決定した「Let’s go crazy」は、爽やかで疾走感にあふれたロックナンバー。山本の透き通った歌声とアップテンポな曲調は青春ドラマを盛り上げるのにピッタリの内容。山本は「自身の楽曲で初めて主題歌をやらせていただけることになり、とても光栄です。しかもそのドラマに出演させていただけたこと、さらに高校時代に目指していた教師役ということに運命めいたものを感じ非常に嬉しく思います」と喜び「たくさんの方に、ドラマとともに主題歌もチェックして頂ければなと思います!」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年10月2日のニュース