坂本トレーナー ブルゾンちえみランナー決定は「前もって聞いていた」

[ 2017年8月31日 11:10 ]

24時間テレビのチャリティーマラソンでゴールし、坂本トレーナーと抱き合うブルゾンちえみ  
Photo By スポニチ

 日本テレビ「24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜」(26、27日)でチャリティーマラソンランナーを務めたブルゾンちえみ(27)が31日、満身創痍の体で自身をサポートした坂本雄次トレーナー(69)とともに日本テレビ「PON!」(月〜木曜前10・25)に生出演。90キロマラソンの舞台裏を明かした。

 激走をVTRで振り返り、ブルゾンは「坂本さんが一緒に走ってくだって、坂本さんの悔しさをチームが受け取っている感じがした。チームの人たちの私を支えようとする気持ちもめっちゃ伝わってきて、余計頑張ろうってなった」と回顧。今年に入り、ブレークした自身にとって「(マラソンランナーを務めるとは)思ってもなかった」と思いもよらぬ出来事だったと振り返った。

 番組史上初めて、ランナーは当日発表となった。坂本トレーナーも「実際に候補者の方が何人かいて、当日にご本人に伝えるということで、それよりもちょっと前にはちえみちゃんが走ることになるだろうと聞いていた」としながらも「練習も例年の半分ぐらいしかできなかった。(当日発表に)ご自身が一番戸惑ったとは思う。走るのに気持ちをもっていく時間がない。それができたことが凄い」とブルゾンのメンタルを称賛した。「変な邪念もなく、坂本さんに全部お任せしようという気持ちになった」というブルゾンは「練習の時から、坂本さんを見たら、笑っちゃうというか、笑顔になるんです」と信頼感を明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年8月31日のニュース