茂木健一郎氏“芸人オワコン発言”渦中に西川きよしから着信「怖すぎて…」

[ 2017年5月14日 23:20 ]

脳科学者の茂木健一郎氏
Photo By スポニチ

 脳科学者の茂木健一郎氏(54)が14日放送のテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(日曜後9・58)に出演。日本のお笑い芸人を「終わっている」と批判して物議を醸した“オワコン発言”を振り返った。

 茂木氏といえば今年3月、自身のツイッターで「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に『終わっている』」と発言。爆笑問題・太田光(52)をはじめとする芸人から反論の声が上がり、茂木氏の発言は多方面から大バッシングを浴びた。

 自身の“オワコン発言”について「居酒屋で愚痴るぐらいのノリ。芸人の方に僕のツイートが見られているとは思わなかった」と振り返った茂木氏。「『弱い者を笑いにするのではなく、強い者を笑いにすべき』という妙な正義感をふりかざしていた」と反省の弁を述べた。

 また騒動の渦中、関西お笑い界の重鎮・西川きよし(70)から携帯に着信があったことを告白。「これは面倒なことになる!」とその後の展開に期待した勝俣州和(52)ら出演者だったが、茂木氏は「怖すぎて…」と電話を“シカト”していることが判明した。

 着信の真相を確認するため、改めて西川に電話をかけることに。留守番電話に「お電話頂いていたみたいなんですけど…」と茂木氏が恐る恐るメッセージを残すと、収録の最後に「NHKの『プロフェッショナル』を見て元気かなと思って電話しました!」と西川からの伝言が届き、スタジオが爆笑に包まれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2017年5月14日のニュース