こじるり9度目始球式も無念ツーバン「マウンドには魔物が…」

[ 2017年3月26日 14:40 ]

オープン戦   広島―ソフトバンク ( 2017年3月26日    マツダ )

<広・ソ>始球式を行う小島瑠璃子
Photo By スポニチ

 タレントの小島瑠璃子(23)が26日、オープン戦の広島―ソフトバンク戦(マツダ)の始球式に登場。ボールは大きく逸れて無念のツーバウンド投球となった。

 「野村(祐輔)さんが丁寧にブルペンで(投球を)教えてくださって、しっかり投げられていたのに…。球場の歓声がため息に変わったのを感じました」と苦笑い。自身9度目の始球式というが「記憶が抜け落ちています。マウンドには魔物が住んでいますね」とうなだれていた。

 一方で、40歳の新井貴浩内野手がこの日に「4番・一塁」で先発出場したことに言及。「大ベテランの選手が今年もチームを引っ張っている。一野球ファンとしてカープは今年も強いんじゃないかなと思います」と力説した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年3月26日のニュース