夏目三久「号泣」いじられタジタジ 元祖・号泣アナの逆襲食らう

[ 2017年2月6日 08:36 ]

フリーアナウンサーの夏目三久
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの夏目三久(32)が6日、TBS朝の情報番組「あさチャン!」(月〜金曜前5・25)で、前日の番組生放送中に号泣したことをつっこまれタジタジになる場面があった。

 前日5日、レギュラーを務める日本テレビ「真相報道バンキシャ!」(日曜後6・00)に落語家・林家木久扇(79)が生出演し、2度のがんを乗り越えた密着ドキュメントが放送された。夏目アナはスタジオの木久扇が「がんに2回もなった人間がバカなことや面白いことを言ってる。あんまり重くとらえなくても、病は病なんだと受け止めてくださる方がいたら、僕の仕事は成功したのかなと思う」と明るく話し、がんを笑いにしていく姿に感動。涙を流し、画面に映っていないときにも、鼻をすする音だけは止まらなかった。

 この姿にかみついたのが、TBSの石井大裕アナウンサー(31)。この日、スポーツコーナーで夏目アナと並び「わたし、ちょっと夏目さんにうかがいたいことがあります」と切り出すと、「前、夏目さんに生放送中に涙を流すのはどうか、特に当事者の前で流すのはどうかと言われたことがあります」と詰め寄った。

 石井アナといえば昨秋、同局プロ野球ドラフト特番の生放送中、父子愛に感激して号泣。翌朝の「あさチャン!」で夏目アナに「あれはないでしょ!」と叱られていただけに、この日は、木久扇の姿に涙した夏目アナに対して「きのうの放送見ましたよ」とつっこんでみせた。

 石井アナの逆襲に苦笑いしながらも「いやあ、ごめんなさい。すみませんでした」と頭を下げた夏目アナ。「石井さん、前は何でしたっけ?。ちょっと(私の場合とは)違うような気がするんですけど」と反撃したものの、その後は言葉が続かず。「一応、クギを刺さないと」という石井アナの前に、最後まで動揺が隠せない様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年2月6日のニュース