ASKA、自身のレーベル立ち上げ発表「レコード会社設立とは違う」

[ 2017年1月3日 21:33 ]

ブログを更新したASKA
Photo By スポニチ

 覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕され、不起訴で釈放された歌手のASKA(58)が3日、自身のブログを更新。レーベル立ち上げを発表した。

 「実は、レーベルを立ち上げました。『レコード会社を設立』とは、違います。リリースにおいての、全責任を取るということになります」とレコード会社設立との違いを説明し、「レーベル名は、『DADAレーベル』」と報告した。

 レーベル名については「1900年初頭に起こった『ダダイズム』という思想です。通称『ダダ』とも、言われました。『芸術運動』のことです。社会における『通常の概念』や『つまらない常識』に身の丈を合わせることなく、全てを自由の基に、そして発想の基に生きてゆくという思想です」とつづり、キャラクターデザインも発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年1月3日のニュース