武井咲日本遺産大使に就任「訪れて素晴らしさ知りたい」

[ 2016年12月15日 05:30 ]

文化庁の宮田亮平長官(左)から「日本遺産大使」の任命証を手渡される武井咲さん
Photo By 共同

 女優の武井咲(22)が文化庁の「日本遺産大使」に選ばれ14日、文部科学省での任命式に出席した。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、日頃の活動やブログ、ツイッターなどを通じて日本文化の魅力をPRすることが期待されている。任命証を受け取った武井は「私の世代では、あまり(日本遺産を)知るきっかけがない。実際に訪れ、素晴らしさを知ることが、私がまずやるべきこと」と話した。

 日本遺産は地域の歴史的建物や伝統芸能などで構成。文化庁がこれまでに33府県37件を認定しており、20年までに100件に増やす。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2016年12月15日のニュース