ボブ・ディラン 歌手初ノーベル文学賞!「新たな詩的表現を創造」

[ 2016年10月14日 05:30 ]

ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン。12年1月のロサンゼルス公演(AP)
Photo By AP

 スウェーデン・アカデミーは13日、2016年のノーベル文学賞を米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(75)に授与すると発表した。100年を超える文学賞の歴史で、歌手の受賞は初。授賞理由は「新たな詩的表現を創造した」としている。一方、数年前から最有力候補に挙がり続けている村上春樹氏(67)の受賞は今年もならなかった。

 96年の初ノミネートから20年後の受賞。オバマ米大統領が「米音楽史最大の巨人」と称賛したフォークの神様が、ノーベル賞の歴史を変えた。

 デビューした62年、米国は長期化するベトナム戦争に閉塞(へいそく)感が漂っていた。翌63年発表した代表曲「風に吹かれて」が、当時盛り上がりを見せていた公民権運動のテーマソング的存在となり、メッセージソングの草分けになった。

 「歌詞を書かねばならないと思ったのは、私の言いたかったことを誰も書いていなかったから」と後に語った。「プロテストソング」(抗議の歌)と評されることもあったが、本人はデビュー当時から、意図して政治的メッセージを込めたわけではなかったとされる。

 ただ、だみ声で歌い上げる美しい言葉の中に、人間の深遠な心理や、戦争、人種差別など世の不条理を落とし込む名曲を生み続けた。知的さは古典文学や詩文になぞらえられることもあった。

 それまで単なる娯楽にすぎなかった音楽を思想的なものに昇華した功績から、海外でビートルズやブルース・スプリングスティーン(67)、U2らが、日本でもフォークブームの中心になる井上陽水(68)、吉田拓郎(70)、桑田佳祐(60)ら多数のアーティストに影響を与えた。

 日本での所属レコード会社は「毎年準備はしていたが、今年は取ると思わなかった」と驚き。ディランがフォークからロックへの転換期の66年に行った伝説的なライブをすべて収録した作品を発表するといい「この受賞がきっかけで、まったく知らない人がボブに注目していただけるとすればうれしい」と話す。

 文学賞の賞金は800万クローナ(約9400万円)で、授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。レコード会社関係者は「あまり賞に興味がない人だが、これまでさまざまな賞を受賞したときも、授賞式にはほとんど出ているので、スケジュールが合えば今回も行くでしょうね」と話している。

 ◆ボブ・ディラン 1941年5月24日生まれの75歳。米ミネソタ州出身。高校時代からバンドを組み、音楽に専念するため62年にミネソタ大学を中退。その後、ニューヨークで「ボブ・ディラン」としてデビューした。グラミー賞、アカデミー賞を受賞し、08年には卓越した詩の力による作詞が評価され、ピュリツァー賞特別賞を受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月14日のニュース