“塩系男子”坂口健太郎の意外な弱点…ウエンツ「何のフレンチキスなの!?」

[ 2016年9月20日 21:19 ]

坂口健太郎

 俳優の坂口健太郎(25)が、20日放送の日本テレビ「火曜サプライズ」(火曜後7・00)に出演。ドラマで共演した二階堂ふみ(21)と、MCのウエンツ瑛士(30)の案内で調布の街で食べ歩きをしながら、淡々とした素顔を垣間見せた。

 1メートル83の長身で、色白。「よく“ガリガリそう”って言われます。そんなことないんですけどね」。中高6年間バレーボールに打ち込んでいた坂口は、「結構筋肉あるんですよ」と話した。ウエンツから「目立つでしょう。騒がれない?」と聞かれると、「そうでもないですよ。あんまり“ぎゃー”とは言われないです」とサラリ。

 アツアツで運ばれてきたカレーを「熱いうちに早く」と、ちょっと意地悪くすすめるウエンツ。坂口は、「危険です。湯気が出ていると危険ですね」と神妙な顔つきで、スプーンに乗せた一口分を、頬を膨らませて「フーフー」。念入りに冷ました後、恐る恐る口につけて温度を確認する坂口の様子に、「何のフレンチキスなの!?」とウエンツがつっこみ、二階堂も爆笑だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年9月20日のニュース