TOKIO山口 異例の離婚会見「自分が未熟だった」3年前から離婚話、4月別居

[ 2016年8月5日 14:00 ]

 TOKIOの山口達也(44)が5日、東京都内で記者会見を行い、2008年3月に結婚した5歳下の元モデルの妻と同日に離婚したことを発表した。この日午前、所属するジャニーズ事務所を通じて発表していたが、自らの口で報告。理由については「妻と出会って16年以上、その中ですれ違い、性格の不一致とか簡単に片付けられないが、私が未熟で幼稚だった。自分のペースでいたので彼女が疲れてしまった」と明かした。

 紺のスーツにネクタイを締めて会見に臨んだ山口。ジャニーズ事務所所属のタレントとしては異例の離婚会見になったことについて、「結婚した時に自分の口からご報告させていただいたので、今回自分の口でまたご報告させていただけたらと思いました」と説明した。

 多忙のため自宅に帰れない日々が続いたことから妻とすれ違いが生じ、3年前から離婚協議を開始。今年4月には別居することになったという。妻との関係については「お父さんはヒーローなんだよって子供たちに言ってくれたり、会見前には電話くれたり、いまだに仲はいい」と明かした。

 山口と妻は99年10月ごろ友人の誘いで参加した鍋パーティーで知り合い、8年間の交際を経て08年3月8日にゴールイン。その日の夜に行われた東京・日本武道館公演のステージ上で約1万3000人のファンを前に「私、山口達也は結婚いたしました」とサプライズ発表。さらに「子供が生まれます」と夫人が妊娠していることを明かし、ファンを驚かせた。08年5月に長男、10年9月には次男が誕生。テレビ番組では子育てに積極的に参加していることを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年8月5日のニュース