アリ氏 石坂浩二が描いた告知ポスターに「こんなに醜くない!」と寸止めパンチ

[ 2016年6月5日 06:15 ]

石坂浩二

モハメド・アリ氏死去

 「アリ―猪木」戦の告知ポスターを描いた俳優の石坂浩二(74)は当時、試合の記者発表に同席した。スポニチ本紙の取材に、アリ氏に突然「これを描いたのは誰だ!?お前か?俺はこんなに醜くない!!」とパンチを出されたと明かした。「もちろん寸止めで冗談っぽくね。おちゃめな方だった」と話した。

 2人がこん身の一撃を交差させる、勇ましい絵柄。「僕はアリのファンだったから今でもよく描けてると思うんだけど」と文字通り自画自賛。アリ氏は最近まで、石坂と猪木氏と3人のサインが入ったポスターを持っていてくれたといい「誇らしくなった」と話した。

 試合は最前列で観戦。「猪木さんの蹴りは、アリの脚に靴ひもの痕がつくほど強烈で、脚が紫色に腫れる。でもアリは倒れない。凄くスリリングな試合でした」と振り返った。茶番とみる向きもあるが「ほんの少しでも立って戦う姿があれば最高だったが、あれでよかったと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年6月5日のニュース