ベッキー 不倫はっきり認める、バッシングは「つらいものあった」

[ 2016年5月13日 22:36 ]

13日放送の「金スマ」で104日ぶりにテレビ復帰したベッキー

  ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動で休業中のベッキー(32)が13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)で復帰。司会のSMAP・中居正広(43)と1対1で騒動を振り返り、「気持ちが通った時点で不倫だと思います」とはっきり不倫関係だったことを認めた。

 不倫を報じられてから約4カ月、「私は人を傷つけた側なので言える立場じゃないんですけど、私はこんな風に1人の女性をを傷つけてしまったんだという罪の大きさと、私に届く厳しい声、正直つらいものもありました。当たり前だと思いつつ、でもつらいものがあった」とバッシングがつらかったことも正直に告白した。

 1月の会見では「ただ、お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません」と話していたが、「お互い気持ちがあるのはわかっていた」「恋愛関係でした」とキッパリ。「付き合ってはないっていうのは?」と中居に追及されると「そこは子どもの言い訳みたいだったです」とうなだれた。

 「旅行に行って付き合っていないっていうのはないんじゃないか」と疑問を投げかけられると「気持ちが通った時点で不倫だと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年5月13日のニュース