ベッキー「最低なことをした」連呼 川谷妻の記事で罪の重さ知った

[ 2016年5月13日 22:06 ]

13日放送の「金スマ」で104日ぶりにテレビ復帰したベッキー

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動で休業中のベッキー(32)が13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)で復帰。司会のSMAP・中居正広(43)と1対1で騒動を振り返り、「本当に最低なことをしてしまいました」と涙した。

 川谷との恋に溺れ、「週刊文春」の不倫報道が出た後も「報道が落ち着いたら何カ月後かにまた出会って、そこからまた恋が始まるという気持ち」も持っていたことを赤裸々に告白。だが、その思いが切り替わったのは川谷の妻のインタビューが不倫報道翌週の「週刊文春」に載ったことがきっかけだった。

 「奥様の気持ちを知って、とても罪の大きさを知って、これはだめだと」。もちろんすぐさま川谷への思いが消えうせたわけではなかったが、「頭でまず考えて。『好きじゃない好きじゃない』それに心が追いついてくる感じ」と思いこませるようにして、今では「好きじゃないです」と断言できるようになった。

 川谷の妻を傷つけたこと、川谷の実家を訪れたこと、そして1月の釈明会見でうそをついたこと。自身の過ちを改めて回顧し、「最低なことをしてしまいました」と3度口にし、猛省を表現した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年5月13日のニュース