宮崎駿監督も喜んでいた…ジブリ、丸紅新電力とタイアップ

[ 2016年3月16日 05:30 ]

 丸紅の100%子会社である丸紅新電力が15日、都内で会見し、同社のCMを手掛けたスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(67)が出席した。

 CMは国宝「鳥獣戯画」をモチーフにした内容。両社がタイアップした料金プラン「プランG」は、電気料金の一部を森と緑の保全活動に充てるほか、三鷹の森ジブリ美術館に電力も供給する。鈴木氏は宮崎駿監督(75)に伝えた時を振り返り、「凄く喜んで“いい会社だ”と言っていた」と笑顔で明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年3月16日のニュース