宮根アナ&松平アナ「あさが来た」出演!生保の社長役「存在感」

[ 2016年2月19日 14:05 ]

「あさが来た」に出演する松平定知アナウンサー(左)と宮根誠司アナウンサー

 フリーの宮根誠司アナウンサー(52)と松平定知アナウンサー(71)がNHK連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜前8・00)に、ともに生命保険会社の社長役で出演することが19日、発表された。

 宮根アナは古川生命社長・古田信男役、松平アナは福豊生命社長・富永巌役を演じる。2人とも3月22、23日(第25週=146回、147回))に登場する。

 宮根アナ演じる古田は、東京の生命保険会社「古川生命」の社長。大阪実業界の女傑といわれるあさ(波瑠)に興味を持ち、合併話に乗り気になる。

 松平アナ演じる富永は、九州の資産家を発起人とした生命保険会社「福豊生命」の社長。他に先駆けた九州での炭坑開発など、あさの実業家としての力を認め、加野屋との合併を前向きに考える。

 実在した実業家・広岡浅子をモデルに、幕末から明治・大正時代、大阪有数の両替商に嫁いだヒロイン・今井あさが商売の才覚を発揮して実業家となり、日本初の女子大学設立に奔走する姿を描く。物語はいよいよ佳境に向かう。

 制作統括の佐野元彦プロデューサーは「あさの最後の大仕事である生命保険会社の合併のシーンに参加して頂く出演者を発表させて頂きます。経済界の大物の役は、演じて下さる出演者の存在感がすべてです。今回は、宮根誠司さん、松平定知さんという、誰もが納得して頂ける方々にご参加いただくことになり、本当にありがたいです。ラストスパートに入った『あさが来た』をぜひ、お楽しみください」と起用理由を説明している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年2月19日のニュース