鉄腕アトム、ハリウッドで実写化へ ワーナーが手塚プロと交渉中

[ 2016年2月19日 05:30 ]

仕事場で鉄腕アトムの人形を手にする手塚治虫さん=1963年5月

 米映画誌「ハリウッド・リポーター」は17日、大手映画会社ワーナー・ブラザースの一部門が、手塚治虫さんの代表作「鉄腕アトム」の実写映画製作に向けて「手塚プロダクション」と交渉を進めていると報じた。手塚プロダクションは共同通信の取材に対し、交渉中であると認めた。

 「ワーナー」側は大地震をテーマにしたパニック映画「カリフォルニア・ダウン」の脚本に携わったアンドレ・ファブリツィオ氏とジェレミー・パスモア氏のコンビに脚本を依頼している。

 同誌によると、映画は幅広い年代が楽しめるものを目指しているといい、契約が成立すれば手塚プロダクションも製作にかかわる見通し。

 ハリウッドでは2009年に「鉄腕アトム」をコンピューターグラフィックス(CG)でアニメ化した映画「ATOM」が製作された。実写版となれば、ハリウッドの技術でどのようなアトムが生み出されるのか、出演俳優とともに注目が集まる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年2月19日のニュース