膳場貴子アナ産休に NEWS23で報告、出産後の復帰誓う

[ 2015年11月21日 05:30 ]

膳場貴子アナウンサー

 フリーの膳場貴子アナウンサー(40)が20日、来週から産休に入ることを報告した。

 メーンキャスターを務めるTBSの報道番組「NEWS23」の最後に膳場アナは「ここで私事ですが、出産のために来週から番組を休ませていただくことになりました」と報告。

 「かなりぎりぎりのこの時期までニュースをお伝えしてきましたが、また皆様の前に戻って、この番組でお目にかかれる日を楽しみにしています」と語った。

 さらに「新しい経験を通じて、視野を広げていけたらなと感じております」とふっくらしたお腹に手をやり、笑顔で復帰後のビジョンも語った。

 隣に座るアンカーで、毎日新聞の特別編集委員でジャーナリストの岸井成格氏(71)から「赤ちゃん、本当に楽しみですね。くれぐれも身体を大切にしてください」と声をかけられると「ありがとうございます」と答えていた。

 膳場アナは今年に入ってから東大時代の同級生で大手広告代理店勤務の男性と3度目の結婚をした。

 ◆膳場 貴子(ぜんば・たかこ)1975年(昭50)2月28日、東京都生まれの40歳。幼少期をドイツで過ごす。東大卒業後、97年にNHK入局。「おはよう日本」「プロジェクトX」などに出演し、03年大みそかの第54回紅白歌合戦では有働由美子アナと紅組司会を務めた。06年3月に退社し、同9月からTBS「筑紫哲也…」に出演。2003年と07年に2度の離婚経験がある。趣味は舞台・音楽鑑賞。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年11月21日のニュース