和田アキ子 初の男役!七三分け、スーツ姿のサラリーマン風

[ 2015年11月12日 05:30 ]

フジテレビ「世にも奇妙な物語25周年記念!秋の2週連続スペシャル」で男役を演じる和田アキ子
Photo By 提供写真

 歌手和田アキ子(65)がフジテレビ「世にも奇妙な物語25周年記念!秋の2週連続スペシャル」(21、28日後9・00)の21日放送の一作品に男役で主演する。

 視聴者投票で人気を集めた玉置浩二(57)主演作「ハイ・ヌーン」(92年)をリメーク。食堂に突然現れ、親子丼、カツ丼、玉子丼…と次々に食事を注文して平らげていくサラリーマン風の男役を演じる。

 ドラマ出演は07年のTBS「和田アキ子殺人事件」以来。交通事故に遭った際、救急隊員に男性と間違えられたなどの逸話を持つが、男役を演じるのは初めて。髪形を七三に分け、スーツと眼鏡姿で役作りした和田は「男役を演じてみて、自分が割と内股ということに気づきました」と苦笑い。「台本に“男…和田アキ子”とあるのを見てめっちゃ笑いました」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年11月12日のニュース