大泉洋 演技以上の「うまっ!」“ぽん酢ウォーター”アイデアも

[ 2015年9月8日 19:05 ]

ヤマサ醤油の新商品「ヤマサ まる生ぽん酢」CMに出演する大泉洋

 俳優の大泉洋(42)が演技にとどまらない、思わぬ本音を9日放送開始の新CMで披露している。

 大泉がキャラクターに起用されたCMはヤマサ醤油の新商品「ヤマサ まる生ぽん酢」。起用理由は「親しみ感」「親近感」ということだったが、地元・北海道では「歩いてると全員が親戚のような話しかけ方をしてきますからね」と言うほどで、さらにドラマ、映画、バラエティーに引っ張りだこの理由についても「やれることは何でもやりたいなっていう気持ち。なんか楽しいことが好き」と語っている。

 商品は醤油、果汁、出汁、酢の4素材で「生」を追求した新しい切り口のぽん酢で、爽やかな果汁感とやわらかな味わいが楽しめる。CMでは鍋料理を食べる大泉が、まずは鶏肉に手を付け「うまっ、鶏肉いいのに変えた?」と何かいつもと違うことに気付く、次は豆腐を食べて「お豆腐も!?」とうれしそうに鍋を食べ、最後には「ぽん酢」も飲み干し「くーっ!おかわりっ」とたいらげる。

 撮影後には「食べてたお鍋が本当においしくて、それがありがたかった」と本音を話し、さらに「自動販売機展開してもいいかもしれない。どうですか、少し薄めて“ぽん酢ウォーター”なんていうのは」とアイデアも披露していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年9月8日のニュース