キムタク 生放送で感激の涙「本当にやってよかった」

[ 2015年7月18日 22:45 ]

 SMAPの木村拓哉(42)が18日、フジテレビ系で生放送された「HERO THE TV」で思わず涙ぐむ場面があった。

 この日公開の映画「HERO」(監督鈴木雅之)がこの日公開初日を迎えた特別番組で、木村の演じた役柄に影響を受け、本当に職業としている男性が登場。

 「プライド」に影響を受けたというアイスホッケー日本代表GKの伊藤優人(23)、「エンジン」に影響を受けたというF4で日本一にもなったレーシングドライバーの伴貴広(24)ら6人の話を聞いた木村は「本当に感動したって言葉で言ってくださる方は多いんですが、皆さん、見て感じて動いてくれた方が集まってくれたので、本当にやってよかったと思います。ちょっとやばいです」と感極まった様子。

 また、1996年の「ロングバケーション」で木村がピアニスト役を演じたのを見てピアニストになったという今西泰彦(31)の演奏による「Close to You ~ セナのピアノ」と「HERO」から「HERO - Main Title」を聴き、そっと目頭をぬぐう姿も見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年7月18日のニュース