「メロフロート」メジャーデビュー 目標は甲子園球場ライブ

[ 2015年7月1日 08:40 ]

メロフロートの3人。(左から)Yu-Ki、DJ KAZUMA、KENT

 関西出身の男性3人組「メロフロート」が1日、シングル「夢のカケラ」でメジャーデビューする。全員が元球児で、音楽でも目指すは甲子園。30日、大阪市北区のスポニチ大阪本社を訪れ、夢を語った。

 2011年の結成後、メディア露出は皆無。各地で路上ライブをし、ライブチケットを手売りする地道な活動を続けてきた。キャッチーで前向きな楽曲が人気で、大阪の1000人規模の会場「Zepp Namba」を完売させる動員力を持つ大型新人が、自身らと同様に夢に挑む人々の背中を押す熱血青春曲でメジャー界に乗り込む。

 目標に掲げるのは甲子園球場でのライブ。地元が兵庫県西宮市のボーカルYu―Ki(22)は「家は球場から徒歩8分。阪神ファンで、小学時代は助っ人のアリアスが好きでした」。DJ KAZUMA(22)は、OBに元巨人の沢村栄治やソフトバンクの大隣投手がいる京都学園高で内野手を務め、甲子園を目指すも予選ベスト8で敗退。ボーカルKENT(22)も草津リトルシニア・パンサーズの捕手だった。「野球では届かなかった甲子園の舞台にアーティストとして立ちたい」と声をそろえた。

 現在、9月25日のZepp Namba公演に向けて全国47都道府県で路上ライブを決行中。ホテルが見つからず野宿するなど過酷な経験をする中、「僕らが頑張る姿を見せて勇気を与えたい。いつか関西出身のスーパースターになる!」と、3人は力強く宣言していた。

 ◆メロフロート 兵庫出身のYu―Ki(93年2月26日)、京都出身のDJ KAZUMA(93年1月18日)とKENT(93年1月16日)の3人によるJ―POPグループ。11年10月結成。15年3月から全国ワンマンツアーを福岡、東京など全国6カ所で開催中。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2015年7月1日のニュース