ジブリはゲームが嫌い?鈴木敏夫氏「よく分からないだけ」

[ 2015年6月26日 07:30 ]

「太鼓の達人」15周年プロジェクト発表会に出席したスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー

 和太鼓リズムゲーム「太鼓の達人」15周年プロジェクト発表会が25日、都内で行われ、記念のショートアニメーションを製作したスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(66)が出席した。

 鈴木氏が考えたネズミのキャラクターが太鼓にぶつかり、はね回る1分程度のアニメ。「魔女の宅急便」「崖の上のポニョ」の作画監督を務めた近藤勝也氏が手がけた。鈴木氏は「ジブリはゲームが嫌いと言われているが、よく分からないだけ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年6月26日のニュース