「とと姉ちゃん」ヒロインは現在オーディション募集中!「パワフルな感じで」

[ 2015年6月26日 15:08 ]

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」制作発表で、タイトルを発表する西田征史氏

 NHKは26日、来年度前期の連続テレビ小説(4月4日スタート、月~土曜前8・00)が「とと姉ちゃん」に決まったと発表した。幼い時に父を亡くし、父親代わりとなって家族を支える長女の、“昭和のオヤジヒロイン”小橋常子(こはしつねこ)が、女ばかりの4人家族の中で、昭和を生き抜く姿を描く朝ドラ第94作目。

 物語は生活総合誌「暮らしの手帳」の創業者たちの軌跡をモチーフにしており、物語はヒロインが11歳頃から始まる。今作の主人公・常子はくしくも2011年後期「カーネーション」の主人公・糸子と同じ年齢。脚本の西田征史氏は「(舞台が)大阪と東京で違うが、時代背景が一緒。時代観を取り入れつつ、違う切り口で色合いを出せたら」と話した。

 制作統括の落合将氏によると、ヒロインについては現在、オーディション募集を行っている段階で、7月中に選考予定。順調に選考が進めば、8月中に発表することになるという。戦中戦後の中で起業していくという女性であることから、ヒロイン像については「パワフルな感じでいきたい」。西田氏も「家族を守るという真っ直ぐさ、猪突猛進ゆえの熱心さがある方がキャスティングされればいい」と期待を寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年6月26日のニュース