「ドラゴンボール」の18年ぶりTV新シリーズ ももクロは初の英語バージョン

[ 2015年4月28日 19:16 ]

映画「ドラゴンボールZ/ 『復活のF』」の超ヒット御礼舞台あいさつに出席した(左から)有安杏果、佐々木彩夏、堀川りょう、野沢雅子、中尾隆聖、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに

 アニメ映画「ドラゴンボールZ『復活のF』」の超ヒット御礼舞台あいさつが28日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、声優の野沢雅子(78)、中尾隆聖(64)、堀川りょう(57)と、主題歌を担当する5人組アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が登壇した。

 席上「ドラゴンボール」のTV新シリーズ「ドラゴンボール超(スーパー)」が7月よりフジテレビほかにて(日曜午前9・00~9・30)放送されることが発表され、孫悟空の声優を務める野沢は、「最高ですよ。これまでドラゴンボールのCMなどで『スーパースーパー』って言ってきたんですけど、いよいよドラゴンボールスーパーでスタートするって最高ですよ」と興奮気味に語った。同TVアニメは、悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを終え、平和を取り戻した地球のその後を、原作者の鳥山明の原案によるストーリーで新たに描かれる。

 同映画の主題歌を担当し、百田夏菜子(20)は、「普段あまり共演者の方と収録以外で話すことって少なかったりするんですけど、主題歌をやらせていただてから、皆さんがそれについて色々を話しかけてきてくださるのがすごく嬉しいて、一緒に盛り上げられているんだなと実感が沸きました」と反響の多さに喜んだ。さらに、世界74の国と地域で上映されることが決定されており、一部地域を除く海外のエンドロールで主題歌「『Z』の誓い」の英語バージョンが付くことが発表され、百田は「初めて英語のオリジナル曲ができるんですけど、最近レコーディングをさせていただきまして、まずは英語の歌詞をカタカナにするところから初めまして、一生懸命歌わせていただきました」と明かして会場の笑いを誘った。

 その後、ミュージックビデオでも着ているドラゴンボールのキャラクターをイメージした衣装を着て主題歌「『Z』の誓い」をフルコーラスで生披露し、駆けつけた約500人のモノノフ(ももクロのファン)を熱狂させた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年4月28日のニュース