藤岡弘、よろいに身を包み「死に装束の戦闘モード…血が騒ぐ」

[ 2015年4月7日 15:43 ]

「ドラキュラZERO」ブルーレイ&DVDリリース記念イベントで西洋よろいを着て登場した藤岡弘

 俳優の藤岡弘、(69)が「ドラキュラZERO」ブルーレイ&DVDリリース記念イベントに西洋よろいを着用して登場した。よろいを着た感想を「重いね。30キロくらいあるから。死に装束の戦闘モードだね」と藤岡節で表現。「よろいに身を包むと血が騒ぐ。東洋、西洋関係ないね。男の本能だね」と喜んだ。

 藤岡は西洋武術にも挑戦。適役のアクターと見事な剣術を披露した。藤岡は以前、同作品のイベントに出席したローラ(25)から「最もドラキュラになってほしい人」として指名された。「彼女は女性らしい、守ってほしいってことで選んだんじゃないかな」とうれしそうに語った。

 同作品の感想については「感動したね。壮大なロマンだね。我々を目覚めさせるような、共感するところがあるね!ただのドラキュラじゃない」と熱くアピール。愛する者のため、悪に身をささげた主人公に強く共感。「人類が求めてやまないロマン。愛する者のため命をかける!男たるものの責任!」と熱く語った。

 最後に「求めてやまない愛。愛こそすべて。少子化もあるからね。愛する者とこの映像を見て、その後もがんばっていただきたい」と珍メッセージ。「男よ!少子化がんばれ!愛する者を守る気概を持て!」と世の男性に呼びかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年4月7日のニュース