×

テレ東初代朝の顔 大橋未歩アナ 脳梗塞乗り越え「むしろ前より元気」

[ 2015年3月24日 09:15 ]

4月1日からの「チャージ730!」に向けて気合十分のテレビ東京・大橋未歩アナウンサー

 テレビ東京初の本格的な朝の情報番組「チャージ730!」(4月1日スタート、月~金曜前7・30)で司会を任された大橋未歩アナウンサー(36)。テレ東躍進の立役者となった看板アナだ。脳梗塞から復帰して約1年半がたち、「むしろ前より元気」とはつらつとしている。夫で元プロ野球ヤクルト内野手の城石憲之氏(41)のサポートや、新生活で楽しみにしている背徳的な“あの味”など、元気をチャージする源を聞いた。

 「私、お酒が本当に弱いんですよ。すごい酒豪で飲んだくれてるみたいに(週刊誌などに)書かれがちなんですけど、ビールグラス半分で顔が真っ赤っか。“空いてないじゃん”とか言われると飲んじゃうタイプで、飲み会で飲んではつらい思いをしていました」

 「あはは」とよく笑い、明るくさばけたキャラクター。酒席への誘いが相次ぐのもうなずける人柄で、「酒豪」のイメージが付いたのだろう。それでも「お酒は大好き」という。4月から午前4時起床、5時出社の生活に変わることに関し、真っ先に言及したのが「お昼に飲むお酒」。午前中に仕事が終わるため「これからはランチでアルコールをたしなみます。しかも周りはまだ働いているのに飲んじゃってる背徳感を味わってみたい。優雅にマイペースにいただきます。あはは!」

 2002年に入局し、スポーツやバラエティーの司会で人気になった。お笑い芸人の下ネタにも動じず、05年には番組の企画で雑誌のセクシーグラビアに挑戦。開局以来のアイドルアナとなった。

 「飲み会のみならず仕事も断らないというのが信条です。でも、グラビアはつらかった。チューブトップを着ていたのに何も着ていないように写っていて…。トイレに駆け込んで泣きました。“お嫁にいけない”って。そのすぐ後にいきましたけどね」

 他局と一線を画した独自路線を貫くテレ東。最近は視聴率がいい番組を生み出しているが、入局当時は苦戦していた。「他のキー局を落ちたので拾ってもらってありがたい気持ちはありましたが、他局に太刀打ちできないという感じでした。知り合いに“テレビ東京なんて見ない”と言われたこともあって悔しい思いもした。最近は“テレビ東京って面白いよね”ってみんなが言ってくださるので、うれしい」。

 局に勢いを付けた立役者の一人。それだけに会社愛も強く「やっぱりテレビ東京が好き。予算や人が少ない分、アイデアで打破しようという姿勢も好きだし、ハングリー精神が自分に合っていると思う。文化祭みたいに意外なアイデアが通っちゃう、おおらかで面白い、いい会社だと思います」と力を込めた。

 公私ともに充実していた13年1月に脳梗塞を発症。軽度とはいえ、当時34歳の若さ。8カ月休養して復帰し、現在は半年に1回通院するほかは生活に支障はなく、「血管の壁がたまたまはがれてしまって、ケガに近い感じでした。右の内頸(けい)動脈に金属を入れて血管を広げているので、再発することはない。むしろ前より元気です」と笑顔。

 病気さえ前向きにとらえており、「神様ってすごいなって思いました。無理しちゃう性格だったし、体力にも自信があったので、健康を一番ないがしろにしていた。自分に足りないものをガツンと教えてもらえました」としみじみ。

 復帰後、アナウンサーの仕事のだいご味を実感する出来事もあった。「病状をテレビで話したら、同じような症状を持っていた人から“大橋さんの話を聞いて病院に行き命を救われました”という手紙をいただいたんです。自分が発した情報で誰かの命や健康が守られて、うれしかった」

 「チャージ730!」は、同局が力を入れて朝の情報番組バトルに参戦する目玉。意外にも、帯番組の司会は初めてで「年齢とともにそろそろ一つのことを深めたいと思っていたのでうれしい」とやる気がみなぎる。07年に結婚した現日本ハム2軍打撃コーチの城石氏の支えも大きく、「病気の後に、スムージーを作ってくれるのが日課になって、職人みたいになってます。前日から“あすは小松菜かな。いやホウレンソウかな”とか言ってますよ」とうれしそう。今月6日の同番組のテスト版放送の際も、午前4時に起きて作ってくれたという。

 ポジティブで周りまで生き生きとさせる明るさ。元気の源をたずねると「笑うこと。笑い上戸で、番組のプロデューサーに“バラエティー病だろ。いちいちリアクションがでかい”って言われたけど、素なんです。喜びの沸点が低すぎて、家ではうれしくて踊ったりひどい姿です」と大笑い。夫の反応は「あまりにも踊りにセンスがないからドン引きしてます。(愛が)“冷めそう”って言われます」。家庭だけでなく、全国のお茶の間にも笑顔をチャージしてくれそうだ。

 ≪「雑談力」磨きたい≫テスト版の放送を振り返り「旬の話題にピンとこなくて、勉強が足りないと思いました」と反省。番組のスタートに向けて「雑談力をチャージしたい。アンテナを張るだけじゃなくて、自分の引き出しからすぐに出せるように、人と雑談してどんどんインプットして生放送で生かしたい」と意気込みを語った。 

 ◆大橋 未歩(おおはし・みほ)1978年(昭53)8月15日、兵庫県生まれ。上智大法学部卒。在学中、ミスソフィアに選ばれた。入社半年でスポーツニュース司会に抜てきされ、五輪は04年アテネ、08年北京、12年ロンドンを現地で取材。バラエティーは「やりすぎコージー」などに出演。番組開始の05年10月からMCを務めた「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」を今月卒業。趣味はゴルフ。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2015年3月24日のニュース