小林聡美、まさか?の助演女優賞「神様のおたわむれに感謝」

[ 2015年2月13日 05:30 ]

フォトセッションを行う(前列左から)池松壮亮、安藤サクラ、浅野忠信、小林聡美、小芝風花(後列左から)貫地谷しほり、出目宏氏、呉美保監督、本木克英監督、高良健吾
Photo By スポニチ

第57回ブルーリボン賞・助演女優賞

 「紙の月」でベテラン銀行員を演じて助演女優賞に輝いた小林聡美(49)は「演じた後に“こうすれば良かった”と落ち込んでいたので、まさかの受賞にどうしたものかと思った。映画の神様のおたわむれに感謝している」と感想を語った。

 “お局(つぼね)”を演じる上で「みんな(共演者)と仲良くしないように心がけた」というが、「結局は仲良くしちゃった」と明かして笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年2月13日のニュース