堂本光一 8年ぶりTVドラマ出演 玉木宏の相棒役

[ 2015年1月25日 05:30 ]

「KinKi Kids」の堂本光一が8年ぶりにテレビドラマに出演する、フジテレビのスペシャルドラマ「天才探偵ミタライ~難解事件ファイル“傘を折る女”~」に主演する玉木宏

 「KinKi Kids」の堂本光一(36)が、8年ぶりにテレビドラマに出演する。玉木宏(35)が主演するフジテレビのスペシャルドラマ「天才探偵ミタライ~難解事件ファイル“傘を折る女”」で、3月7日午後9時から放送。

 作家島田荘司氏の代表作「御手洗潔」シリーズが原作のサスペンス。堂本は、天才探偵・御手洗潔(玉木)の相棒となる作家・石岡和己を演じる。ドラマでは、不可解な殺人事件を、2人が息の合った推理で解決していく。

 撮影は昨年8月に、すでに終了。堂本は「ドラマの現場が久しぶりだったので、ご迷惑をおかけしてしまったかもしれません(笑い)」と、玉木ら共演者におわび。演技については、「頭は良いけど偏屈な御手洗に対して、石岡はいろんなことを受け止めることができる天真らんまんな性格。それぞれのキャラクターをうまく表現できたらと思った」と話した。

 堂本は玉木とともに2002年の日本テレビドラマ「リモート」に出演。ただ当時は共演シーンがなく、実質的に今回が初共演。玉木について「平たんなセリフを言っていても、実はその奥に何かあるという部分をうまく表現されていた」と絶賛。玉木からは「監督からの要望にもすぐに反応されて、レスポンスが早く、柔軟性のある方」の言葉が返ってきた。

 前回のドラマは、07年7月期のテレビ朝日「スシ王子!」。この8年間はKinKi Kidsの活動に加え、主演舞台「SHOCK」シリーズなどソロでも精力的に活動してきた。成長した姿がどう画面に映るのか、楽しみだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2015年1月25日のニュース