×

ゆるキャラGP“お膝元”浜松開催決定で「家康くん」急きょ出陣

[ 2015年1月15日 06:25 ]

今年の「ゆるキャラグランプリ」が浜松市で開催されることが決定。意気込みを見せる浜松市の「出世大名家康くん」と鈴木康友浜松市長(右)、西秀一郎実行委員会会長

 「ゆるキャラ」No・1を選ぶイベント「ゆるキャラグランプリ」が今年、静岡県浜松市で開催されることが14日発表され、昨年エントリーを見送った浜松市のゆるキャラ「出世大名家康くん」が天下統一へ向け、急きょ出陣することを決めた。

 この日、都内で行われた会見には、昨年のゆるキャラ1位「ぐんまちゃん」(群馬県)、2位の「ふっかちゃん」(埼玉県深谷市)、3位の「みきゃん」(愛媛県)の人気者が勢ぞろい。そこにどっしりと家康くんも構えた。すると、その場で鈴木康友浜松市長が「(家康くんも)立候補する予定です」と宣言。家康くんは「えっ!そうなの?今聞いたぞ。だいたい、いつも辞令は突然じゃ」とアタフタ。しかし、今年は、浜松城で天下獲りの足がかりを築いた徳川家康の400回忌となる記念すべき年。気持ちを切り替えて「ホームで戦うからには、絶対に負けられない戦いになるのじゃ。レッツ、出世!」と気勢を上げた。

 ゆるキャラグランプリは、いまや社会現象。昨年、愛知県の中部国際空港特設会場で開催した際は約7万人が来場した。町おこしや観光にもひと役買う大イベントとなっている。

 西秀一郎実行委員会会長は「新幹線の駅からも近く、関東からも関西からも行ける。400周年とのコラボで、よりゆるキャラグランプリの周知徹底につながるのではないか」と期待を寄せた。

 同グランプリは11月21~23日の3日間、同市内の広場「渚園」で開催される。

 ≪8月から投票≫今年のゆるキャラグランプリ日程は、エントリー期間が6月10日~8月12日、投票期間が8月17日~11月16日となる。昨年に比べ、エントリー期間を20日前倒し。投票開始日も約1カ月前倒しした。また、新たに「ゆるキャラforチルドレン2015」と題したコンテストを新設。地域の子供たちを守る取り組みをしているゆるキャラの活動を発表する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2015年1月15日のニュース