ダディ「今さらだけど」結婚に向いていない告白、サウナから再起へ

[ 2014年10月21日 10:16 ]

「ビッグダディ」こと林下清志

 「ビッグダディ」ことタレントの林下清志(49)が21日放送されたフジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演、自宅全焼後の“再スタート”の模様が伝えられた。

 5日早朝に盛岡市の自宅兼整骨院が全焼、その後は1泊2900円のサウナ生活で過ごしている林下。全財産は「バッグ一つだけ」という林下は、トレードマークの口ひげはそり、すっきりした印象で焼けた自宅を訪れ、思い出のアルバムを探していた。「あれがあれば何も…」と宝物のアルバムは、既に運び出され一部は焼けていたが、写真は残っており安どした様子だった。

 さらに長男から、派遣のアルバイトを紹介される姿も。1日6000円という仕事にも「行く行く」と、必死な生活ぶりも明かされた。

 火災をきっかけに5回目の離婚も明らかになったが、林下は「今さら考えさせられた。結婚に向いていないと思ったことはなかった。悪い旦那だとは思ってなかったけど、思い込みだったと分かった」とあらためて“結婚に向いていない”ことを告白した。

 今後は東京で整骨院を開業するという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年10月21日のニュース