スマホゲーム「パスドラ」3冠 ツムツム、ポコパン、猫ウィズも支持

[ 2014年10月19日 05:30 ]

パズル&ドラゴンズ(C)GungHo Online Entertainment’ Inc.

 スマートフォン用ゲームが子供から大人まで夢中にしている。電車などで熱中している姿も日常的な光景になった。そんなスマホゲームの中で、1年を通して人気の高かった作品は一体何だったのか。

 世界10カ国に拠点を置くアプリ市場の分析サービス会社「App Annie」(本社・米サンフランシスコ)が、昨年9月から今年8月の12カ月間の集計結果をこのほど発表した。iPhoneやアンドロイド携帯などでダウンロードされ、課金による収益が多かったゲームを4部門に分けた。

 3部門を制したのが「パズル&ドラゴンズ」。12年2月に公開され、累計ダウンロード数が3100万回(10月現在)を突破するなど根強い人気を象徴する結果となった。

 iPhoneユーザーらに高く支持されたのがスマホ向け通信アプリを手掛ける「LINE」のパズルゲーム。「LINE:ディズニー ツムツム」「LINE ポコパン」はいずれもキャラクターのかわいさと簡単操作で女性層からの支持が高かった。

 累計ダウンロード数3000万回を超えた「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」は収益部門2位、同1400万回超の「モンスターストライク」は4部門のうち3部門でトップ3入り。この結果から、スマホゲーム界はこの1年で「4強」を形成していたことが浮き彫りになった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2014年10月19日のニュース