KABA.ちゃん“虚勢”後初の公の場 来年は“マツタケ狩り”に意欲

[ 2014年10月13日 17:04 ]

ゲスト出演したKABA.ちゃん

 オネエタレントのKABA.ちゃん(45)が13日、都内で行われた化粧品ブランドDHCが主催する「DHCシンデレラアワード2015」のグランプリ大会にゲスト出演した。

 KABA.ちゃんは、今月5日放送のフジテレビ「ウチくる!?」で、こう丸を取ったことを明かしたばかり。それ以降、初の公の場となったが「まだ第一段階ですけれど、邪魔なものが二つなくなった感じで、軽くなって歩きやすくなりました」と笑顔で話した。

 同社のイメージキャラクターで審査員を務めた叶美香(47)からも、「楽しんで努力をしていらっしゃるので、内面から出てくるものがある」と評価され、ご満悦の表情。だが、同じゲストのマイケル富岡(53)には「僕はこの領域は分からない」と無視され、ご機嫌斜めだ。

 それでも、この日のファイナリスト15人の美意識に刺激を受けた様子で、「まだまだ足下にも及びませんが、もっともっと努力して皆さんに対抗できるようにしたい。次のこの大会に応募します」と宣言。さらなる女子力アップのための第二段階については、「秋は“マツタケ”の季節よねえ。来年くらいには“マツタケ”が収穫できるかもしれないわね」と意欲を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年10月13日のニュース