寺尾聡 大河で41年ぶり家康役「官兵衛」7・6から登場

[ 2014年5月14日 07:00 ]

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で徳川家康役を演じる寺尾聰

 俳優の寺尾聰(66)が、NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で徳川家康を演じることになった。

 73年の大河ドラマ「国盗り物語」でも家康を演じた。大河出演は77年の「花神」以来となる。

 家康は織田信長(江口洋介)、豊臣秀吉(竹中直人)と並ぶ英傑で、関ケ原の戦いでは官兵衛の嫡男・長政を巧みに操る役どころ。7月6日放送の第27回から登場する。

 寺尾は41年前を振り返り「当時、大先輩たちに囲まれ息をするのもはばかられるような緊張感の中で、自分なりに考えた若かりし家康を一直線に演じていました」と明かし、「さまざまな経験を積んだ今の家康にどうつなげることができるか、今回演じる上での挑戦です」と意気込んでいる。中村高志チーフプロデューサーは「老獪(ろうかい)で辛酸をなめつくした“タヌキの皮をかぶった狼”を味わい深く演じていただく」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年5月14日のニュース