森高千里 ミニスカで26年ぶり野音登場「すごい楽しかった」

[ 2014年4月29日 21:00 ]

女性ロックフェス「NAONのYAON 2014」でミニスカ姿でライブを披露する森高千里

 女性バンドの先駆者「SHOW―YA」がプロデュースする女性ロックフェス「NAONのYAON 2014」が29日、東京・日比谷野外大音楽堂で開催。「SHOW-YA」をはじめ、中川翔子(28)、森高千里(45)、土屋アンナ(30)、相川七瀬(39)、元モーニング娘。の田中れいな(24)がボーカルを務めるガールズバンド「ラベンダー」ら新旧織り交ぜた女性アーティストたちが約5時間のステージを盛り上げ、集まった3000人の観客を沸かせた。

 森高は野音のステージに立つは約26年ぶり。「野音でやるのはすごく久しぶり。最後まで楽しんでやろうと思います」と話し、少々ハードなアニマル柄の黒のミニスカート姿で登場し、「非実力派宣言」「臭いものにはフタをしろ」を熱唱した。

 「SHOW―YA」の寺田恵子(50)、「バービーボーイズ」の杏子(53)との“最初で最後”のスペシャルコラボで「私がオバさんになっても」を披露。息の合った3人の振りに会場からは大歓声が上がった。森高も「こんなコラボはないですね。すごい楽しかったです」とご機嫌。「最初は出ていいのかなと正直、思っていた」という森高だが、寺田から来年のライブへの出演もオファーされる歓迎ぶりに、笑顔を見せていた。

 ライブには、シークレットゲストとして人気女装家のミッツ・マングローブ(39)、演歌歌手の八代亜紀(63)らも登場した。ライブの模様は5月18日午後11時からNHK―BSプレミアムで放送される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年4月29日のニュース